日语作文5篇
六年级 日记 3045字 7837人浏览 天降小号

我最重要的好友

私の一番大切な友達は、今上海に住んでいます。私たちは毎日メールで連絡します。彼女は私の親友です。私の考え事を彼女はよく知っています。ですから、彼女の前に、本当の自分の気持ちを伝えています。仲良し友達ですね。とても幸せです。

3年前に、高校の食堂で彼女と会いました。彼女の肌は雪のように白いです。高校で1番美人ですね。最初の頃は、彼女が大切でした。そして、彼女に自分の好きな気持ちを告白しました。でも、彼女は私のことが好きじゃありませんでした。あの時、私の気持ちがとてもつらかったです。かなしくて、涙が出ました。あと、私は彼女に手紙を書きました。彼女に明るい未来を祝福しました。 でもそのあと、まったく思いもかけないことがおこりました。彼女からの電話を受け取りました。彼女は「私たちは、将来いい友達になるかもしれません。」と言いました。あの時、私はとてもうれしかったです。

3年前のあの日から、私たちはずっと連絡しています。私は彼女のことを知ります。友達どうし、尊重しあいます。互いに助け合います。

実は、今彼女のことがやはり好きです。でも彼女はそのことを知りません。しかし、これでもいい。私にとって、そんなすばらしい親友を持って。もう足るをしります。もしかしたら、ずっと友達になるしかない。

中国で一つの言葉があります。「世の中に知己があれば、遠く離れていても隣人のようなもの」と言います。いつまでも友達になります。彼女はずっといい気持ちを持つことは、私にとって幸せのことです。ですから、真心がこもっている神様に祈ります。彼女はずっと楽しげなほほえみをもっています。これは私の願望です。

回忆的手表

今まで自分で買った物の中で大切なものは今している腕時計です。

二年前、私は日本体育大学で五ヶ月間剣道を練習しました。その時、自分の腕時計がありませんでしたから、いつもほかの学生に時間を聞いていました。でも、わたしは日本語が話せませんでしたから、自分の腕時計がなければなりませんでした。

そして、ある日自分で渋谷のデパートへ行って、腕時計を買いました。 買う時、店員が話している言葉が全然分かりませんでした。ですから、わたしは「はい、はい、はい。」と言いました。買った時計は素敵ですが、ちょっと高かったです。ブランドは『FOSSIL (フォッシル)』です。

今、アークアカデミーで日本語の作文を書いていて、腕時計で時間をチェックしています。今、日本語が話せますから、もし、今日腕時計を買うなら、もっと素敵な腕時計を買うことができます。たとえば、『KINETIC (キネティック)』の腕時計を買います。今なら、値段の交渉もできます。

我的故乡

ある日、友達とラーメン屋で食事したとき、友達が餃子を注文した。昔は故郷でよく餃子を食べていたので、その時ひとつの餃子を口に入れたとたん、久しぶりに故郷の味が心に来た。

もう日本に来て三ヶ月経った。さびしいとき、かなしいとき、よく故郷の様子を思い出した。私は中国の東北で生まれた。上海や北京のにぎやかさと違って、故郷はみんながびんぼうに暮らしている。私はこのびんぼうな町で生まれて育った。石炭は故郷の名物だ。私も石炭のおかげで肌が黒っぽくなった。そこにはアジアで一番大きい石炭開発場がある。100年前、人々はそこで石炭を開発した。そして今まで開発されてきた。もう100年が経って、石炭がなくなってしまった。昔は石炭のおかげで、みんなはしばらく豊かな生活ができた。でも、石炭がなくなった今日は、みんな再びびんぼうになってしまった。昔は石炭で豊かなとき、政府にたくさん税金を払ったけれど、残念なことに、今びんぼうになった故郷は政府の助けをぜんぜんもらえなくなった。政府はたくさんの投資を上海に与えたが、故郷は無視された。でも、みんなは我慢して、自分の力で生きている。びんぼうでも強く生きている。その強い意志を持っている東北人を私は深く愛している。自分は東北人としてとても光栄だと思っている。

少しの投資でもいい、少しの進歩的な技術でもいいから、故郷に注いだら、きっと昔のゆたかな都市の光景に戻るだろう。今の闇はしばらくだ。その先きっと光がある。

昨日七夕だった。私も紙を書いて、枝の上に貼った。紙に「故郷の人々が幸せな生活を過ごせるように」という文を書いた。今、私は日本で一生懸命勉強している。いろいろな知識や技術を身につけて、将来故郷に帰って、みんなと一緒に自分の力で、新しく豊かな故郷を作りたい!

电话与邮件利弊

友達に連絡するとき、私はメールより電話の方がいいと思います。

まず、電話する時、相手と直接話せます。そうすると、相手の気持ちが分かりますから、誤解などしないで、正確に言いたいことが伝わると思います。問題があったら、すぐ解決出来ると思います。さらに、相手と話すと、二人の関係がどんどんよくなります。そして、電話はメールと違って、すぐ返事がもらえます。

確かにメールにもいい点があります。忙しい場合は、暇な時に答えられます。メールで連絡する場合はよく考えてから、メールが出せます。そして、電話代よりメール代の方が安いですから、人気があると思います。

しかし、私は人間関係は大切なものだと、強く思っています。現代は世界中に戦争やら、誤解やらが増えています。平和な世界にするために「直接話すこと」

は必要です。目の前に居なくても、電話で話すだけでも十分だと思います。それで、私は電話の方がいいと思います。

我关心的事

こちらのアークアカデミーで日本語の勉強を始めてから六ヶ月目、その二番目のクラスでの三番目の作文宿題。その主題はまさに“私の関心のある事”だ。 今まで特別にそれについて考えてみた事がなかったが、今度の宿題がきっかけでじっくり考えてみた。三十三年を生きてきて、何に一番集中をしながら暮らし、またこれから何をするために暮らすのかに関して悩んでみた。

それで出た結論は今まで誰か私に人生観が何なのかと聞いた時、いつも同じ答えをして来た。 " カルフェディエム - 一回だけである人生!”

私はこの言葉をこんなふうに解釈する。“今日を最善をつくして熱心に暮らせばその一日一日が楽しくて、そんな楽しい一日などが集まって幸せな人生になる”と。

ここで私の基本的な生活の関心ある事が決まったようだ。

“正しく楽しい今日のための方法”だ。

何をどのようにすれば今日が楽しくて活気に満ちる事ができるか、そしてやりがいのある事ができるかというのだ。

ここで楽しさと幸せのための何種類かの条件が必要だった。例えばお金や健康、好感できる容貌や雰囲気、そして人々とよく交わる事ができるさまざまな技術がそれだと思う。

こんな事をわざわざ考えて見た事がなかったが、無意識の中で私の関心事を決めたようだ。事業的な活動や、ひまを見て運動をする時、または自分自身を演出するアクセサリーなどを買う事などに関心が行くように。

誰もが自分が待つ事ができないものを待ちたがって、できなかった事をしたがる。今、私は不可能だった日本人との会話をしたくて日本語の勉強に関心が行っていて、私がこれからしたい事などをしっかりやりこなして毎日のストレスを飛ばしてしまうために運動に関心が行っている。

しかし何と言っても一番関心の行く部分は元気な男であるゆえに元気で明るい、そして美しい女性であるしかない事は否認する事ができないようだ。