日语作文
初三 记叙文 10479字 2060人浏览 渴录杨柳

中国各大景点

中国は、アジア大陸の東、太平洋西岸に位置し、世界で3番目の国土面積を誇ります。その中に、56の民族が暮らす多民族国家です。宗教活動は憲法によってその自由を保護しているので、道教、仏教、イスラム教、キリスト教、チベット仏教など多岐にわたります。4000年とも5000年ともいわれる、世界有数の文明史を持ち、国内における遺跡の数も数え切れないほどあります。近年、市場経済の導入で急激な経済発展が続いています。開放政策により、外資系企業が続々と進出し世界中がその動向に注目をしています。

長江河口の上海は、中国の一大商業都市です。大都市の華やかさと、オールド上海のノスタルジーが感じられる魅惑の街。今、若者に一番人気なのは、レトロ&モダンをテーマにした「新天地」で、この地を中心に新しい上海が広がります。また、欧米が占拠して租界地とした「外灘」には、当時の建造物が残っています。川べりに映し出される夜の「外灘」は必見です。対岸には上海のランドマーク的な存在の「東方明珠広播電視塔」がそびえたち、展望台からは、大都市上海を見ることができます。見所、すること尽くしの街です。

毎年多くの観光客が訪れる香港。自然あり、文化あり、世界中の人々を魅了します。香港島、九龍地区、新界地区および諸島からなりたっています。1997年に中国に返還されたのちも、ますますその魅力の幅を広げています。中でも、世界各国の料理を提供するレストランが増えたグルメと、モダンチャイナをコンセプトにした店が注目を集めているショッピングは、新しい香港の魅力です。香港島で最も高い山、ビクトリアピークから眺める香港は、昼でも夜でも観光客を納得させてくれます。街中にあふれるエネルギッシュなパワーに圧倒される街です。

巨大都市北京は、全国の政治、科学、文化、対外往来の中心地として栄えています。首都として1000年の歴史を誇り、明・清時代からの多くの建築物を残します。観光スポットは、古代の宮殿、王室の庭園、寺廟や陵墓など数限りありません。歴史的、文化的景観に加えて、美しい自然景観にも恵まれています。古跡や山水の壮大なスケールに圧倒されます。また、ここ20年来、飛躍的な発展をとげた北京の近代的都市も魅力的です。大型ショッピングセンターやおしゃれなレストラン、バーなど観光客を飽きさせることがありません。

大連は、中国の重要な港であり、工業と観光を中心とし、今なお発展し続けている都市です。三面を水に囲まれており、海岸線は長く、沿海には島々が無数に点在しています。市街は清潔で環境もよく、夜景は人々を魅了します。19世紀末には、ロシアの租借地、日露戦争後には日本の植民地となりました。そのため、街のいたる所に重厚な欧風建築物や風情ある日本風邸宅などが残り、クラシックな異国の風景を随所に見ることができます。そのほか、リゾートタウンや総合レジャースポットなど、若者たちが集まるエリアも増えてきています。

中国最南端に位置する海南島は、「東洋のハワイ」と呼ばれる常夏の島です。白浜のビーチが広がり、ヤシの木やトロピカルフルーツが育つ南の楽園です。島南端の三亜には180km におよぶビーチが広がり、リゾート客を集めています。特に、中国一、美しいビーチといわれる「亜龍湾海水浴場」周辺は、一大リゾート地となっています。マリンスポーツやゴル

フ、ロッククライミングなどのアクティビティも充実しています。海水の温度は常に26℃、冬でも水泳、レジャーが楽しめます。

「世界の屋根」と称され、得意な雪域風光、さんらんたる古代文化、神秘色につつまれた様々な民俗風情を持つチベット。ラサはチベットの政治、経済、文化、交通と宗教活動の中心地であり、輝かしい高原の真珠とたとえられています。ジョカン寺を中心に造られた門前町が現在のチベット人居住区となっています。白壁の建物がつらなる典型的なチベット風情をかもし出しています。世界文化遺産のポタラ宮の壮大さには息をのみます。非公開の部分もありますが、壮麗な壁画や彫像など見るものは数多くあります。

山東半島の南、中国第4の港湾都市青島。20世紀初頭にドイツ軍が占領したことから急速に発展をとげました。ヨーロッパ風情の都市に青い海、起伏する山々は青島独特の空気をつくり出しています。観光スポットが多いのは、南に広がる海沿いのエリア。第一海水浴場は、リゾートエリアの中心地都市で、海を望む高級リゾートホテルが並んでいます。ドイツの置き土産であるビール、中でも青島ビールやラオ山ビールなどが有名です。青島の風景の中で、新鮮な魚介類に冷えたビールは最高です。

江南地方の景勝地杭州は、中国の七大古都のひとつに数えられ、歴史文化の都市として知られています。隋の時代に北京と杭州を結ぶ大運河が完成してからは、南の交易拠点として発展しました。2000年余年の歴史をもちますが、この地を語る上で、「西湖」ははずすことのできない景勝地です。西湖を囲むように配置されている「西湖十景」は、西湖の景観を代表するもので、南宋時代から広く認知されていました。一日のうちでも様々な表情を見せてくれるので、見飽きることがありません。湖岸には、公園なども整備され、憩いの地となっています。

我和书的故事

私は本を书くように

予约知识のはしご、良い本を読んでいる本の中の会话の多くの知识を学び、真実を高贵な人は、今までの人生で言われています。

私の本の中で小さな本棚、そこは、多くの人が" 绿の妖精" 、 " 寓话" 、 " アンデルセンの童话" 、 " 10万人の理由" ... ... ...よく知られているだけでなく、生き生きとしていると面白い小说のおとぎ话。ので、私の好きな本の多くでは、 " 小さいウィンドウを书くピーズ" 私あなたにこの本をご绍介しましょう日本の黒柳彻子さんの本を読む! " 小窓ピーズ" 学校で6年生に1年目の著者は、 " スクールバス" が记录した物语。黒柳彻子さん著者は日本で有名な作家、日本のほかは、日本のプレゼンターや、国连児童基金亲善大使知られています。彼女は、 " 小窓ピーズ" だけでなく、日本でも世界で最大规模の日本の歴史の本を贩売するのは大きな反応は、兴奋しており、 33言语に翻訳され、导入することを书いた世界中の読者を楽しむこと。の著者について" ピーズ小窓" は、最初の1年间の学校ドロップアウトのためにも、幼稚ないたずらされ、素朴で、彼は新しい学校には、小さな豆をドロップし、それらを実现していなかったと思うし、母亲の言う豆したくない豆ので、そのような小さな子供が影では、左侧の小さなピーズわかるわけではありませんが、彼女が脱落した。パレスチナの学校は、新しい学校の庭で、小さな豆知识を学んだだけでなく、

教室での路面电车と徒歩、とても幸せな幸せを学ぶ。学园は、パキスタンではないが、子供たちの梦の天国です。正午山の味を食べるの讲堂では、ここには海の味を、氏は副首相には散歩するために外に、ピクニックの郊外するために、子どもたちは本当に人生の意义を感じたように、子どもたちはこのことを决して忘れてはせ家庭。パキスタンの学校の庭小さなピーズ酸、 、 、苦い甘い辛いことがたくさん経験をしてきた。残念ながら、トラムにはパレスチナの学校の教室にミサイルでパキスタンB29航空机1945年の消防学校は、パレスチナ人の学校への原爆投下は地面になっている。スクールバスの姿を消した。 " ピーズ小窓" この本文书は、ピーズは、新しい学校のリアルタイムの小さなセクションに来て、この时期、彼女の人生のための素晴らしい基础敷かれました。

私にこの本を読み终わった后、今はそのような学校を见つけることができませんし、深い印象が消えている。実际、この方法で学习ああ本当のいい学校では、実际に学校には子供向けのものだ。が、条件は悪いですが、子供たちを教えるには知识の宝库となっています。その生存率は、非常に强力な技术を持っている能力をランダムフィールドは、これらの基本的な要件を正确にされていませんか?

お友达と、私のように、海を楽しむ旅行の知识で、私はされませんずっと以前より多くの知识を知っている本を、楽しむの手を挙げた。覚え図书人间の思想の宝库です、この本の人间の知识の社长ですが、生活に、この时代の図书!人の才能は、 21世纪、我々のすべての専门家の不足している!

学做菜

ハンバーグの作り方

たまねぎをみじん切りにします。フライパンにサラダ油を适量入れて、たまねぎを炒めます。味付けに少量の塩コショウを入れて軽く焦げ目がつくまで炒めます。

ボールに挽肉を适量入れ、炒め终わって冷ましたたまねぎ、卵の黄身、细かくした食パン、塩コショウと合わせて手でよく练り混ぜます。全体的に粘りが出て生地がまとまったら、适量を手のひらに取って小判型に仕上げます。再度フライパンにサラダ油を适量入れ、両面とも良く焼きます。最初は强火で表面を焼き上げ、后から中火で中まで火が通るように良く焼きます。最后にトマトケチャップとウスターソースを混ぜたハンバーグ用のソースをフライパンに注ぎ、軽く煮込んだら出来上がりです。

我的故乡

ある日、友達とラーメン屋で食事したとき、友達が餃子を注文した。昔は故郷でよく餃子を食べていたので、その時ひとつの餃子を口に入れたとたん、久しぶりに故郷の味が心に来た。

もう日本に来て三ヶ月経った。さびしいとき、かなしいとき、よく故郷の様子を思い出した。私は中国の東北で生まれた。上海や北京のにぎやかさと違って、故郷はみんながびんぼうに暮らしている。私はこのびんぼうな町で生まれて育った。石炭は故郷の名物だ。私

も石炭のおかげで肌が黒っぽくなった。そこにはアジアで一番大きい石炭開発場がある。100年前、人々はそこで石炭を開発した。そして今まで開発されてきた。もう100年が経って、石炭がなくなってしまった。昔は石炭のおかげで、みんなはしばらく豊かな生活ができた。でも、石炭がなくなった今日は、みんな再びびんぼうになってしまった。昔は石炭で豊かなとき、政府にたくさん税金を払ったけれど、残念なことに、今びんぼうになった故郷は政府の助けをぜんぜんもらえなくなった。政府はたくさんの投資を上海に与えたが、故郷は無視された。でも、みんなは我慢して、自分の力で生きている。びんぼうでも強く生きている。その強い意志を持っている東北人を私は深く愛している。自分は東北人としてとても光栄だと思っている。

少しの投資でもいい、少しの進歩的な技術でもいいから、故郷に注いだら、きっと昔のゆたかな都市の光景に戻るだろう。今の闇はしばらくだ。その先きっと光がある。

昨日七夕だった。私も紙を書いて、枝の上に貼った。紙に「故郷の人々が幸せな生活を過ごせるように」という文を書いた。今、私は日本で一生懸命勉強している。いろいろな知識や技術を身につけて、将来故郷に帰って、みんなと一緒に自分の力で、新しく豊かな故郷を作りたい!

愉快的一日游

埼玉県にある寄居駅は思ったより遠かったです。でも、行ったことがないところに一度も会ったことのない方を訪ねることは私にとって胸がわくわくすることでした。最近都市の生活に疲れている私にとって、このホームビジットはいい気分転換になりました。

寄居駅の周りは全部が自然でした。さくらの木、ぶどうの木、色々な野菜の畑と野原。その緑の自然を見て、突然私のふるさとを思い出しました。私がその駅の前であったホームビジットのお母さんと娘さんも寄居の自然の印象と同じでした。

ホームビジットのために、先生と一緒に勉強した色々な表現と丁寧な言葉は、優しくてゆったりした雰囲気の寄居の家では全然使えませんでした。お母さんは私の母の年と同じくらいで優しい女性でした。娘さんの絵美さんは心だけじゃなくて、顔も本当にかわいい美人でした。絵美さんは旅行が好きで、私たちはカナダでお姉さんと撮った写真を見ながら、趣味とか仕事とか、家族とかについて話しました。

二時間ぐらい後、お母さんは私たちを車で、ある有名な観光地に連れていってくれました。そのとき、私たちはラッキーで一日一回観光客のために、運行している蒸気機関車に偶然に出会いました。長瀞駅の周辺には、その機関車の写真を撮るとめに待っている人がたくさんいました。もちろん、私たちも写真をとって、それからハイライトの舟に乗りました。約3KM を舟に乗って豊かな自然の中を通過したことは、忘れられない思い出になり、一番楽しい出来事でした。ラフティングをしている感じで、私たちは写真をとることに夢中になりました。

父母的爱

亲の性格が子供に与える影响は大きいのです。私たちの判断基准は多くの场合、亲からの影响に大きく左右されています。

それは幼(おさな) いときからの亲のしつけや教育に原因があるのではないでしょうか。 俗に言えば、甘やかされて育ったということです。 自分で决断しないで亲の决定に従って生きることは、とっても楽なことですから。

子供は両亲の遗伝子を半分づつもらっているのだから、亲子は姿形や性格が似ていても不思议はありません。 でも私の言いたいことは、亲の子供に対するしつけや教育によって子供は亲の期待するような人间になっていくものだということです。 と言うことは、亲の考え方や性格や亲の无意识の意识は、遗伝子とは别の方法で子供に引き継がれるということです。

ある程度自分で価値判断ができるといっても、その底(そこ) には亲の教育が大きく影响しているのです。

よく子供がなにか社会的な问题を起こしたりすると、世间では「あの亲の子供だから、あんなことをしても不思议ではない」と言いますが、それはまったく理由のないことではないと思います。 すなわち亲のしつけや教育の仕方に问题があったから、子供が问题を起こしてしまったのです。 この意味でも性格は遗伝するのです。 亲子の毎日の生活の中で、子供は亲の姿を见て育っていくのです。 亲が间违ったことや好ましくないことをしていれば、子供も自然にそれを见习うようになるのです。

漂亮的韩国

わたしの国は韓国です。韓国は日本より小さいです。そして、人口も 日本より 少ないです。人口は4800万ぐらいです。

韓国は四季があります。春と秋はとても涼しいです。そして、きれいです。でも夏(なつ) はとても暑いですから、たくさんの人が海へ遊びに行きます。冬はとても寒いです。冬にわたしはヨンピョンへスキーに行きます。

韓国の首都はソウルです。ソウルは、韓国でいちばん物価が高いです。そして、人がいちばん多いですから、毎日にぎやかです。だから、わたしはソウルが好きです。

韓国の食べ物はとても辛いですが、とてもおいしいです。有名な食べ物はカルビやキムチやビビンバなどがあります。カルビがとてもおいしいですから、わたしは大好きです。

そして、韓国の有名なところは、チェジュドやギョンジュやプサンなどがありますが、チェジュドがいちばんきれいですから外国人がたくさん遊びに来ます。

韓国人はとても親切ですから、いつかかならず旅行に 来てください。いっしょに旅行を

しましょう。

购物买东西

地球温暖化につれ、人々ECO に対する意识もだんだんたかまってきました。

例えば 先日ス-パ-に买い物终えて、会计のとき、1枚5円でよろしいですかと店员さんに闻かれ、少しびっくりしました。いままで买い物の后ビニ-ル袋をもらうのはあたりまえでした。

最近私が住んでいる地域のほとんどのス-パ-がビニ-ル袋が有料化実施しはじめました。

それは ス-パ-が储けようとする目的ではなく、なるべく二酸化酸素を减らそうとするもくてきではあります。

ちなみにビニ-ル袋を何でつくられたとごぞんじですか、それはなんと石油でつくられものです。地球の资源も限られているだし、ビニ-ル袋を节约することだけで资源の节约と二酸化酸素排出の减少につながるというまさか一石二鸟です。

最近ス-パ-ではビニ-ル袋を辞退するお客様がほとんどです。マイバッグを持って买い物する主妇たちがほとんどです。中には2,3枚袋を使ってやっと品物を纳めたお客様もしばしば目撃されます。逆にビニ-ルを买うお客様がはずかしいという雰囲気も感じられます。

わたしはかばんの中に常に1枚のマイバッグと2枚のビニ-ル袋を常备しています。家でもごみ袋用のビニ-ル袋を2回、3回も再利用しています。昔は1度つかいましたら、ポイとされてしまいますが、たたのビニ-ル袋。みんなの节约によって、この地球温暖化が改善されます。皆さん信じますか、私は固く信じております。

我最重要的好友

私の一番大切な友達は、今上海に住んでいます。私たちは毎日メールで連絡します。彼女は私の親友です。私の考え事を彼女はよく知っています。ですから、彼女の前に、本当の自分の気持ちを伝えています。仲良し友達ですね。とても幸せです。

3年前に、高校の食堂で彼女と会いました。彼女の肌は雪のように白いです。高校で1番美人ですね。最初の頃は、彼女が大切でした。そして、彼女に自分の好きな気持ちを告白しました。でも、彼女は私のことが好きじゃありませんでした。あの時、私の気持ちがとてもつらかったです。かなしくて、涙が出ました。あと、私は彼女に手紙を書きました。彼女に明るい未来を祝福しました。

でもそのあと、まったく思いもかけないことがおこりました。彼女からの電話を受け取りました。彼女は「私たちは、将来いい友達になるかもしれません。」と言いました。あの時、私はとてもうれしかったです。

3年前のあの日から、私たちはずっと連絡しています。私は彼女のことを知ります。友達

どうし、尊重しあいます。互いに助け合います。

実は、今彼女のことがやはり好きです。でも彼女はそのことを知りません。しかし、これでもいい。私にとって、そんなすばらしい親友を持って。もう足るをしります。もしかしたら、ずっと友達になるしかない。

中国で一つの言葉があります。「世の中に知己があれば、遠く離れていても隣人のようなもの」と言います。いつまでも友達になります。彼女はずっといい気持ちを持つことは、私にとって幸せのことです。ですから、真心がこもっている神様に祈ります。彼女はずっと楽しげなほほえみをもっています。これは私の願望です。

山间之游-爬山

この前の夏休みは山形のお姉さんの家に遊びに行きました。山形は東北にあります。温泉やフルーツがとても有名です。

初めて東京から離れて、楽しみながら、わたしは新幹線で山形に行きました。新幹線をおりたら、ムシムシした暑さをいきなり感じました。東北なのに、なんでこんなに暑いのかなって、考えながら、わたしは迎えに来てくれたお姉さんと会いました。お姉さんはわたしの質問を解いているみたいに「山形は暑いでしょう」って聞きました。わたしが「うん」と言ったら、山形は日本で一番の高温記録を持っていますよって、お姉さんが説明してくれました。山形は地理的に盆地ですから、湿度が高い。だから夏はかなり暑いです。でも、朝晩の温度差も激しい。そのお陰で農産物もおいしいです。

その後の何日間、お姉さんがいろいろな所へ私を連れていってくれました。温泉、蔵王、お釜等々。私にとっては本当に勉強になりました。楽しかったです。とてもいい夏休みでした。そして、一つ大事な事にも気がつきました。日本語はちゃんと勉強しないとだめです。この国の歴史や民俗をもっと知りたいから、そのために勉強します。

我关心的事

こちらのアークアカデミーで日本語の勉強を始めてから六ヶ月目、その二番目のクラスでの三番目の作文宿題。その主題はまさに“私の関心のある事”だ。

今まで特別にそれについて考えてみた事がなかったが、今度の宿題がきっかけでじっくり考えてみた。三十三年を生きてきて、何に一番集中をしながら暮らし、またこれから何をするために暮らすのかに関して悩んでみた。

それで出た結論は今まで誰か私に人生観が何なのかと聞いた時、いつも同じ答えをして来た。 " カルフェディエム - 一回だけである人生!”

私はこの言葉をこんなふうに解釈する。“今日を最善をつくして熱心に暮らせばその一日一日が楽しくて、そんな楽しい一日などが集まって幸せな人生になる”と。

ここで私の基本的な生活の関心ある事が決まったようだ。

“正しく楽しい今日のための方法”だ。

何をどのようにすれば今日が楽しくて活気に満ちる事ができるか、そしてやりがいのある事ができるかというのだ。

ここで楽しさと幸せのための何種類かの条件が必要だった。例えばお金や健康、好感できる容貌や雰囲気、そして人々とよく交わる事ができるさまざまな技術がそれだと思う。

こんな事をわざわざ考えて見た事がなかったが、無意識の中で私の関心事を決めたようだ。事業的な活動や、ひまを見て運動をする時、または自分自身を演出するアクセサリーなどを買う事などに関心が行くように。

誰もが自分が待つ事ができないものを待ちたがって、できなかった事をしたがる。今、私は不可能だった日本人との会話をしたくて日本語の勉強に関心が行っていて、私がこれからしたい事などをしっかりやりこなして毎日のストレスを飛ばしてしまうために運動に関心が行っている。

しかし何と言っても一番関心の行く部分は元気な男であるゆえに元気で明るい、そして美しい女性であるしかない事は否認する事ができないようだ。

我的人生价值与意义

人生の価値と意味は自分で授けて、その他のいかなる人かはあなたの都手落ちのあなたの人生に与えることを无理に押しつけて、それで人様の人生で、なぜ人生を知りたいと考えてだから求めて、ただあなた自身の心に质问して、心のところは至って、すぐあなたの人生の方角で、人様の标准で自分を要求してはいけなくて、でなければあなたは永久に坛上の舞者で、一生での时间は人様を演绎することへ行く、これは人生の最も大きい悲哀です!

あなたのやっと最良であることに适合して、あなたに影响可能であって楽しくすることが可能に、すぐあなたを引いて幸福である方角を指す。

人生有三の重い境界、

山是山を见て、水是水を见て;

见る山手落ちの山、见る水手落ちの水;

山がまだ山であると思う。水がまだ水であると思う。

これは换言すれば1の私的な人生の初めの洁い无の瑕、初めて世界を知って、一切は全部活きがよくて、瞳は何かが见えてすぐ何かで、人家は彼にこれを教えることは山で、

彼はすぐ山を认识して; 彼にこれを教えることは水で、彼はすぐ水を认识した。

年の渐と生えて、経験した世事の渐は多くて、すぐこの世界の问题を见付けた。この世界问题はますます多くて、ますます复雑で、常にモノクロの転覆で、是非は入り乱れて、不当に遍天下を歩いて、道理があり少しも动きがとれない、善玉の无はよく告げて、奸物は1000年を生ける。人のこの段阶に入って、人は愤激していて、不足で、忧虑していて、疑问で、警戒していて、复雑です。人は何かを再び容易に信じたくない。人は、このとき、山也感慨を见到达して、水也が叹息すると思って、昔の事を评论するのにかこつけて现代を批判して、远回しに悪口を言う。山自然は再び単纯な山でなくて、水自然は再び単纯な水でない。一切の一切は全部人の主観的意志の年体で、“よい风は力を借りて、というもの私を送って青空”。に上がる1の个人はもしも人生のものに留まってこのちょっと段阶なら、それなら苦しかっのこの生命。人はすぐこの山望のあの山高、间断がなくよじ登って、最高位争いはよく优胜して、人と比较して、どうしてか身を持して、どうする処世、ありったけの知恵をしぼって、机関はすべてであきらめて、永い无は満足した1日と休止する。この世界は元来是一の个の円で、人外に有人を还して、天外に有天を还して、循环は回复することに向かう、绿の水长派。それで人の生命は短いものであり有限で、どこは永い恒和と限りがなく言い争うことへ行くことができるか?

多人数は人生の屋敷デュープレックス境界が人生の终点に就くことができたことに到达した。一生を追求する. あくせくした一生、心は高く傲慢な一生に怒って、最后に自分に达する理想が自分でともになかったと発见して、そこで一生で恨みに思う。ただし少しの人は自分の修练を通过して、结局自分で三番目に重人が境界を起こすことを升格させることができたことを。はたと纳得して、自然を还す。人ときがすでに一心不乱で自分で作ることが当然にできる事情、傍人とどんなに言い争うことがない。こんこんと任命するあなたの红尘、私清风ロンの月から。芜の雑の俗な事に直面して、ちょっと笑っておしまいにして、よくわかる有何、このときの人は山又が山であると思って、水又が水であると思った。ちょうどそうです:人の本は人で、工夫を凝らして行くことは身を持する必要がない; 世本は一生で、无は処世へ细心で行かなければいけなく; すでに真正更生と処世だけでした。

自我介绍

こっちに日本语の达人が多いそうで、皆さんは日本语で自分のことをちょっと喋ってみたら、どうですか?さあ こちらから、始まりましょう!!仆は北京の出身で、 2009年から日本语を勉强していて、ずっと独习です。2004 三级の试験に合格して、翌年 二级にもできました!日本语のお好きな友达を作るために、ここへですよ!お都合がよければ、返事を送るようにしてください!!