作文
初一 散文 2764字 481人浏览 峰峰小男孩

楽しい1日

きのういちばんきれいな秋の场所を见たことがあってくれました。その前にアルクハンゲルスコエへ行ったことがありませんでした。 私は寒いきせつが好きじゃありませんけど秋の色がいちばんきれいだとおもいます。2か月前友达とこの散歩についてやくそくしました。ですからきのう私たちはこの场所へ散歩したり写真を撮ったりしにいきました。ツシンスカヤ駅で会ってから、バスにのりました。20分后公园に着きました。すぐ写真を撮るのを始めました。上手じゃありませんけど、きれいな物の写真を撮るのがすごく好きです。この场所で秋の时には木はぜんぶいろんな色になります。赤い木と黄色の木とみどりの木はぜんぶお互いのそばに生えています。そして、叶の花轮作り方をおしえてくれて自分で作ったのを散歩の终りまではいていました。とても楽しかったです。そして、写真の色は実の木の色とちょっとちがいますけどいいのはたくさん出来ました。 きのうほんとうにうれしかったです。毎年新しくてきれいな场所へ行きたいです。たしかいつの日私は実と同じ写真を撮れる。

両亲への手纸

Dec 27th 2009 22:22 拝启 この顷、本年の格段の寒さで、寒い日が続いて降ります。いかが过ごしていますか。こちらはルームメートと一绪に暮らして、结构楽しくやっておりますので、ご安心ください。 さて、今日は苏州の初雪でした。故郷は雪が降りましたか。最近は、忙しくて期末试験に准备をしています。今周は作文、日本概况と国际金融の试験です。暇が少なくて、毎日电话をかけることはできません。もしよかったら, メールを送るのもいいです。英语の翻訳试験は来年の三月に行います。合格できれば、夏休みには家族旅行したいのです。ご驰走を食べたり、海へ行ったり、山を登ったりします。お父さん、お母さんはどう思いますか。 もうそろそろ冬休みになり、一家を挙げて春节を过ごして望んでいます。 ご健康を祈ります。 敬具 12月27日 ご両亲様

日语作文:给妈妈的一封信 200字

お母さんのに手纸をあげます

亲爱なるお母さん:

こんにちは!

あなたが私をこの世界に来させることに感谢して、数年来私の父母の恩に対してあなたに感谢します。あなたはどれだけの心血を费やしますかが分からないで私になります。あなた学习の上で、生活の上で私は行き届いていて配虑と配虑ですに対して、あなたは私のために楽しい学习环境を创造しました。今日、娘は特に引き裂いてあなたの--私の常に付き合ったお母さんに手纸を书いて、私を表しますあなたの感谢の思いに対して。

学习の上で、普通の家长达po はただ子供の知识だけを重视して、あなたは私ぐいっと学ぶ键に。あなたが私に学んで--心まで(へ)4するべきなように教えます、目、口、手が着きます。心が着くのは考えが一心で、あれこれためらうことができません;目は问题をまで(へ) はっきり见ます;口は読むべきですのまで(へ) 真剣に読んで、発言するべきなのは、耻ずかしがらないでください;手はまで(へ) いつも笔记に抵抗して、“良い记忆力がぼろぼろになるペン先に及ばないためですと大胆に言います。” あなたのこれらの方法は私に大いに利益を受けさせて、一生役に立ちます。

お母さん、私の成长の过程の中で、私のいかなる成绩、すべてあなたの心血があって、あなたが私にどのように学ぶことをどのように身を処しますわかるように教えたのです。あなたは安心して、今后私はいっそう努力して学ぶことができ(ありえ) て、自分に全面的に発展して、自分を役に立つ人にならせます。

祈ります:体の健康!

祈ります:体の健康!

仕事は顺调です!

あなたの娘

日语作文:难忘的一件事

忘れられないこと

高校时代、勉强が忙しくて、よく、夜遅くまで寝て、朝、早く起きなければならなかった.大変なことである.

でも、母はいつも私より、もっと夜、遅くまでで、朝、早かった.

夜、私が寝るまで、ずっとそばにいって、朝には、夜が明ける前に起きて、私にために、朝ご饭を作った.私が起きて、ご饭がもうテーブルに置かれていった.本や文房具などよく整理した.かばんもよく片付けた.私は安心で学校へ行くことができた.

母が私より大変だった.母あってのいまの私であると思っている.母の爱は世の中で何より优しくて、伟い.

母が私のために、力を尽くすことは、ずっと头の中で覚えていって、永远に忘れられない

新年

旧正月明けは子供たちの歓呼の中、朝あの声高に知らせる爆竹の中でもう一度を知る。

多くの子どもたちは、旧正月の到来は嬉しいことがなくて、彼らは歌を歌って、彼らのダンスを祝ったおめでた节曰。でもそれは仆にとっては、旧正月がこんなに良くありませんて、旧正月を迎え、できないことは私に喜びを味わった。だって、私は贫しい家庭の子どもだった。

旧正月の朝にでもたびにさめると、「もしも私の朝、意外に両亲からお年玉をたくさんのお菓子を食べて、どんなにお上手ですね。につけここは思わず起きて、でも、无慈悲な事実を夸らしくの火を消した心の希望をもたせている。仆も储ければ「こくるぜいたく品にすぎ、おまえは贫しい家庭の子ども、そして、私だけにして、ドアの前を见つめていた别家子供たちは楽しさの笑颜だった。

ぼくたちは私を知らせる爆竹を声高にさんに引いてから戻ってきました。はいああ、私はこのは起きて、両亲にはお年玉を得ることができなかったにもかかわらず、まだその堰を切ったようにお菓子、ベッドもできるのだ。

私は速いスピードを洗面は终わって、私をまたがりに、よりよるの中の一场面を诱致した私の目を间违いありません! それは私のお父さんと并んでから出てきたお菓子、间违いありませんでした! 行きたいんですが、ちょうどそのとき、母が近づいてきた。手には一枚の斩新な50人民元を持って、无限の爱は「丽、新年の楽しみ、これがあなたの今年のお年玉を构え、别れを纷失した! 」アタシは惊いた。讯いてきた。「お母さん、私たち家族状况が悪く、お年玉をつけ) を持って? 」お母さん笑って、「ばかなやつじゃ。子供がいて、改革开放のこんなに长いました、わが家状况が良くなり、昔はお父さんとお母さんはあなたにしているが、今后、しなくても、お前は安心ぐさを持ってきてよかった」「あそこにお菓子で、たくさん食べてだ」と话した。私は一跃、お菓子まで走る前を见やり、たりのうれしそうに食べた。

私にもたれて、ドアのそばを片手にお菓子で、片手をつまんでおかあさんがわたしにはお年玉を眺めていたから少し离れたところに、あの子の情景を闻きながら大人たちは「新年のドル箱」を、祝语用事はそれを知らせる爆竹を鸣少し胸がすっきり!