2017年1月中礼准备——十二生肖的故事(中日文双语)
初一 其它 1492字 384人浏览 94默默的

十二支の物語

2017年1月9日 李暁拓 ①ある年末のこと。神様がこんなことを言いだした。②「元旦の日に、私の元へ来なさい。

1番から12番目までの者を一年間の大将(たいしょう)にしよう。」 ③動物たちはそれぞれ、一番をめざして元旦の日に神様の元へ行くよう準備を始めた。④猫はうっかりいつ行けばいいのかを聞(き)き逃(の)したのでネズミに聞いてみると、ライバルを一人でも少なくしようとしたネズミはわざと一日遅(おく)れの日を教えた。

⑤牛は、歩くのが遅いことを自分で知っていたので、みんなより早く出発(出発)。⑥ネズミは牛の出発を知り、楽をする為に背中にのり、のんびり神様の元へ向かうことにした。

⑦牛は元日前に到着。神様の門があくのを待っていた。⑧そして、その門が開いた時・・背中にいたネズミがピョン!と飛び降り一番目。⑨ネズミを連れてきた牛は2番目となったのだ。 ⑩牛は2番目になったからと言って怒るのではなく「2番目だったら満足だ」と思った。 ⑪虎は神様の所での話を噂で聞いたので本当かどうかわからないけれど、本当だった。⑫時にはじをかくのは許(ゆる)せないと思い参加をして、3番になった。

⑬兎(うさぎ)が龍(たつ)より早いのは、神様に会いに行く時にみんなが休憩をしている間もぴょんぴょんと進んでいた事から4番目になった。⑭龍(辰)と蛇の順番には一緒に神様の元に到着したのですが蛇は龍(辰)が空を飛べ、修行(しゅぎょう)を積(つ)んだ尊敬に値(ねっ)する事を知っていた事から龍(辰)に順番を譲(ゆず)った。

⑮昔から犬猿(けんえん)の仲と言われている猿と犬の間に鳥が入っているのは、猿と犬の喧嘩の仲裁をしたことから、猪は実は一番最初に到着をしていたのだが、まっすぐにしか走る事が出来ない事から神様の所通り過ぎてしまい一番最後になった。

⑯何も知らずに次の日についた猫はびっくり!!すでに12番目が決定しているどころかもう誰もいない。⑰・・一日騙された!!とわかった猫は怒り、ネズミを追いかけるようになりましたとさ。

1. 一次年末,神仙对众灵说道:2. “新年的时候来我这里,我(按到达顺序)封你们为守年神。”

3. 各个动物都摩拳擦掌争当第一做着准备。4. 猫没听清哪天去问老鼠,老鼠寻思少一个对手是一个对手就故意说谎把晚一天的时间告诉猫说成比赛时间。5. 牛知道自己走的慢,比大家提前出发。6. 老鼠知道牛出发了,为了图轻松,站在牛的背上朝着神仙家出发了。7. 牛在新年之前就到了,等着神仙家的大门打开。8. 然后,等到门刚一开,在牛牛背上的老鼠“扑通”一跳成了第一名。9. 背着老鼠来的牛成了第二名。10. 牛得了第二不但没生气反而觉得很满足。11. 老虎认为从神那听到的话可能是谎话将信将疑结果是真的。12. 到比赛时候它觉得不能丢人全力冲刺最后得到第三。13. 兔子之所以比龙到的早,是因为它在前往神仙家途中大家都在休息的时候也在“刷刷”地跳着前行最后得第四。14. 龙和蛇一块到神仙家,因为龙到的时候飞到了天空,其修行高值得尊敬蛇就把位置让给龙自己屈居龙后。15. 自古有犬猿之仲的成语是因为猴子和狗关系不好,他们在前行的路上竟打架,就请鸡来仲裁所以鸡在猴子和狗之间。16. 猪本来是第一个到的结果因为它只会直着走不会后退结果走过了成为最后一名。17. 什么也不知道的猫到了第二天大吃一惊!!结果前十二名的位置已经决定好了没它的事儿了。18. 我被骗了一天!!得知真相的猫大发雷霆从此与老鼠为敌专门吃老鼠。