我的中国梦 日文作文
初一 记叙文 602字 1242人浏览 王雪村123

「以前は、春節の数日前に家へ帰ったが、今年はずっと早くなった。工事現場での仕事がなくなって、ふるさとに帰るしかない。」一人の若者が荷物の上に座って、インスタントラーメンを食べながらがっかりした口調で言った。彼のように失業して故郷に帰る農民工の不安に満ち溢れた広州東駅の待合室の光景は今でも私の心に残っている。

近年、不景気のため、社会の底辺から「世界の工場」を支えてきた多くの出稼ぎ農民たちは帰郷を余儀なくされた。しかし、彼らのたくましさには感心させられるものがある。 経験を活かして自ら起業することや、技術を身につけて再就職することなどによって、苦境の中をしたたかに生き抜いており、自分の夢、家族の夢、ひいては国の夢を現実にしている。

百年前、中国の夢のすべては国家の独立、自立、富国強兵であった。近代以来の170年余の不撓不屈の抗争の中で、数え切れない人々が個人の命を犠牲にして、国家の夢を実現するために身を尽くした。英雄を生んだ時代に生きていた彼らが民族のヒーローとして仰がれている。現在、わが国はますます豊かになり、中国の夢の内容にも変化が起こった。農民工たちのような億単位の極平凡な人々こそが中国の高度経済成長さらに進め、新しい中国の夢を支えている。

国の夢を実現するために、我々のような平凡なひとりひとりの努力は微力だが、無力ではない。それゆえ、中華民族の偉大な復興

が必ず実現すると確信している。