我家乡的雨花石(日文)
初二 散文 621字 188人浏览 PtotoShow

私の故郷の特産雨花石

私の郷裏の城の東南部灵岩六合山は雨花石の主産地は、南京の有名な特産。その色は琥珀が多く見られるように、中に自然の形や色、今夕日が多いのはストライプ状の形、色は黄赤緑白が多いが、その形は普通は非規則の楕円を主として、厚さ、硬度が高い。よく鑑賞、その所持山川雲、人物神仙、花鳥魚虫、色は鮮やかで、千変万化。に分けることができます人物、動物、風景、植物、文字、抽象的石など。

雨花石で地矿のストックはもともととても有限に加え、10年近くの狂気の非保護性採掘され、雨花石がますます少なくなるので雨花石ますます高くなりました。希少価値が、風景や人物の形は雨花石中なら、それは価値が、極めて貴重な貴重な上物で、せっかくの。 雨花石は用いて観賞やコレクションのといえば、観賞雨花石もこの観賞八法マイル!1 . 盆を埋め、雨花石水に浸かっている侧に髪の色は、この。ベストを日におぼれ、度を山泉、再びを流れ、忌で井戸ハロゲン、熱いスープ、水必要日交換し、水替え宜朝、宿水染塵、レイトン掃除石趣。2 .群石を配景には、違う色、木目の石配置成趣、「配錦」も「配碗」。そのコツは形より近似、紋、色なら間隔。似ている、特に丸や楕円の形にあっての美。紋、色相間で人にあげては、たくさんの感。さん. 掛佩祈年、ある雨花石にある自然の生成に円孔、例えば赤縄を掛けて、佩挂は首には、「祈年」の意味など。私はされないと説明した。

私は私の故郷のお土産を誇る!!!