漫步人生路歌词
初三 散文 763字 598人浏览 木子丽青

わたしの帰(かえ)る家(いえ)は あなたの声(こえ)のする街角(まちかど) 冬(ふゆ)の雨(あめ)に打(う)たれて あなたの足音(あしおと)を探(さ) すのよ

わたしの帰(かえ)る家(いえ)は わたしを忘(わす)れたい街角(まちかど) 肩(かた)を抱(だ)いているのは わたしと似ていない长い髪(かみ)

心が街角で泣いている ひとりはきらいだとすねる ひとり上手と呼ばないで 心だけ连れてゆかないで わたしを置(お)いてゆかないで ひとりが好きなわけじゃないのよ

雨のように素直(すなお) に あの人とわたしは流れて 雨(あめ)のように爱して さよならの海へ流(なが)れ着いた

手纸(てがみ)なんてよしてね 何度も缲(く) り返して泣(な) くから 电话だけで舍(す)ててね 仆もひとりだよとだましてね

心が街角(まちかど)で泣いている ひとりはきらいだとすねる ひとり上手と呼ばないで 心だけ连(つ)れてゆかないで わたしを置(お)いてゆかないで ひとりが好(す)きなわけじゃないのよ

在街角听到你的声音 我感觉像是回了家一样 任冬天的雨点打在身上

搜寻着你的脚步声

你在街角把我忘记 也仿佛是回了家一样 你搂着她的肩头

一个和我不一样的长发女子

我的心在街角哭泣 哭着闹着说它不喜欢一个人 请不要说我习惯了一个人 不要只把我的心带走 不要丢下我就走 我其实不喜欢一个人

就像落下的雨水那么明白

他和我已成过去(こうやって訳すといいかなあ、ちょっとわかんないや) 虽然曾经彼此相爱

现在已经流进了分别的大海

请不要写信给我

我会捧着一次次的泪流满面 请打个电话就和我摊牌 骗我说“我也是一个人!”

我的心在街角哭泣 哭着闹着说它不喜欢一个人 请不要说我习惯了一个人 不要只把我的心带走 不要丢下我就走 我并不喜欢一个人