作文(改)
初一 说明文 446字 25人浏览 Meng_LSY

一年半前の私は、何も知らずに、日本語学部に入りました。最初は平仮名と片仮名すら、一言も言えませんでしたが、今やどんどん日本人の友達と交流することができます。また、留学のチャンスを得て、日本に行くことは、初めは全然想像できませんでした。留学することは、楽しみですが、不安な気持ちでいっぱいです。ルームメートが熟睡している夜、自分一人でどうしても寝られないとき、よく未来のことを考えます。今の私は日本語がまだ上手ではないという意識があり、来月からの留学生活をどうしようと思って、落ち込んで眠れないです。留学の場所は広島で田舎だそうです。江端先生も“広島は老人がいっぱいいて、と言っていました。私がそこで本当に慣れるか(私がそこでの生活に本当に慣れることができるか)、心配しています。 しかし、どんな風になるかと心配な反面、期待もあります。新しい環境で生な言語で今ともっと友達を作りたい、後悔しないように、何でも挑戦したいです。二度とない自分の人生、悔いを残さず生きなければならないと思うからで

す。