日语作文
初一 其它 5694字 3404人浏览 箭竹欢迎你

「私の家族」

私の家族は4人と1匹です。両親と私、弟、それにゴンという名【な】の犬です。父は歴史家なので、セラリーマンのように毎日決まった時間に出勤しません。父は話が苦手なので、母が客の相手をします。高校へ行っている弟は将来外国で働きたがっています。

ゴンは今年10歳になります。とてもいばっていて、父がいない時はゴンが父の椅子に座っています。他の人が座ると、鼻にしわをよせて怒ります。寂しがりやで留守番も嫌いです。母や私が出かける支度を始めると、私たちの傍から決してはなれません。留守番をしなければいけないと分かると、私たちの靴を隠してしまいます。ゴンの最後の手は仮病です。ゴホゴホと咳きをしたり、びっこをひいたりすます。家族はそれに時時騙されます。

お母さんは仕事が好きで、中学校で社会科の先生をやっていたのです。どんな授业をしたか、どんな解答があるのか、ときどき教えてくれました。

お母さんは「ともだちが先生」という授业を编み出したらしく、これは生徒役と先生役を作って、教えあうというもの。グループによっては、「先生」よりも「生徒」のほうができてしまうこともあって、その场合は自然と立场が逆転してしまうそうです。そういう场合、「生徒」役は「先生」役に教えながらも、先生の立场を崩さないように気を使う场面が见られて、その様子がほほえましかったとか。

印象的な答案があったって教えてくれました。

たしか「现代の社会において、福祉は必要だと思いますか? あなたの考えを自由に述べなさい」

という问题に対する解答で、学年一成绩のいい子が

「福祉は必要だとは思わない。老人は体力もなくなってしまったら役に立たなくなってしまうから、长生きしなくてもいいと思うし、医疗费も割く必要がないと思う」

というような解答を书いていて、この解答に、どんな点数をつけようか、お母さんが困っていました。

世の中には正解も不正解もなくて、この解答もひとつの意见として认められなければならないけれど、それでも福祉は必要なんだ、ということを伝えるには、どうしたらいいんだろうって。この答案を书いた子も、真剣に考えた上で书いていて、実际、丁宁な字で答案用纸がぎっしりと埋められているのを见ました。お母さんは、この子は自分が老人になったときにも、このような意见が适用されてもいいと思っているんだろう、とも言っていました。わたしはまだ小学生だったけれど、头のいい子の怖い解答っていうものが、あるんだなあと思いました。

お母さんは隙间なく时间を使う人だったので、わたしもそれに影响されて、小学校のときにはたくさんの习い事をやっていました。公文、习字、ピアノ、バレーボール、水泳、塾、など。お母さんが帰ってくるのが遅かったから、その时间を埋めるために、ということもあったかもしれません。たいてい妹と一绪に、习い事に行っていましたが、妹の准备が遅くて、时间に遅れそうになるときにはわたしは泣きそうになってしまって、それをこらえながら、なんとかして妹に早くしてもらえる方法はないものか、と考えて、「じゃあ、あの电信柱まで竞争しよう! 」と提案しながら、駅まで走っていました。

一度、わたしが小学校1年生だったときに6;00に帰ってくるって言ってたお母さんが、6:05になっても、6:10になっても、6:15になっても帰ってこなくて、初めてのお留守番の日だったのに、もうどうしようかと思って、とうとう家を出てマンションのエレベーター前に探しに行ったことがあります。それでお母さんがいつまでも帰ってこなかったらどうしよう、と思うとあんまりにも不安だから、泣きながらエレベーター前で待っていて、6:20になってようやっとお母さんがエレベーターから降りてきたときには、もう颜も手もぐしょぐしょでした。お母さんも、上にあがってくる途中からわたしの泣き声が闻こえていたみたいで、遅くなっちゃってごめんねえ、と言いながら、抱きしめてくれました。それからは、わたしも待てるようになったし、お母さんも早く帰ってきてくれるようになりました。

小さい顷には、たっくさんの絵本を読んでくれました。マザーグースの歌、ピーターラビット、ギリシャ神话、グリム童话、ジョン・バーニンガム、ぐりとぐら、14匹のネズミシリーズ、こどものとも、それはそれは、本当にたくさんの絵本!

図书馆に行っては、やまほど絵本を借りてきて、家に帰ってきてから読んでもらうのが大好きでした。わたしが文章を书くのが好きなのも、文学部に入ったのも、この影响が本当に大きいと思います。

夜寝る前には、歌をうたってくれました。

『やかまし村のこどもたち』という映画が好きだったようで、その中にでてくる【おやすみなさい、こねこちゃん】という歌です。

おやすみなさい、こねこちゃん 何がそんなに悲しいの

森の小鸟も こどもたちも パパもママも 眠ってる

夜はみんな 眠るのよ

歌いながら、疲れているお母さんが先に寝てしまうこともしばしばで、わたしと妹はそんなお母さんを、无理やり起こしながら、続きを歌って! とせがんでいました。

お葬式の日に、お母さんの颜を见ながら、妹と二人でこの歌を歌いました。この世界で、妹とわたししかしらない、特别で大切な子守呗です。

这篇作文比较适合日语初学者。。自己应该看得懂,不要的部分就删吧。

要自己写的话就从你崇拜母亲的地方入手,比如看到母亲教你数学,教你英文,为你做饭,为你洗衣服,为你不辞辛苦地投入她百分之一百的热情,开始写,就一直会有感而发,接着就能一直写下去了。

我的大学生活

种类によっての热心な出现は时间に素晴しい教授で教师、思考の列车に近く学友と坐るために、歩行者がすべて妨げたそれらを座席のための一见引き出す教科书を、终日大学生命始めてしまった道の歩行者のプロローグを次第にであるずっとクラスに出席した多数、壊したキャンパスの静けさを、すぐに、雑谈していた最后の夜スポーツが一致する教室の教室の方に动かされて非常に速く浸るある恐れられていた軽いステップを置くことを可能にしたこと、ちょうど照らされた私の大学生命天候が何人かの人々阴の外国语を読むキャンパスで见る教师と上向きに飞んで、表面の古い教授は时间后に学校からの休暇に青年辉きの午后をある最も忘れられない渡している、これは行くために自分自身が割り当てる时间、割り当てられたアクセス网、一绪に、そしてまたそう食事した任命同时にだった各种类の活动が行なった元気づけた学生のサッカー竞技场のグループの文学様式ホールからの音、送信された时间蹴る球をだったが、また何人かの何人かの若いメス学生はだったこの2 年に、住むために燃料を补给された叫ぶこと...... 意识不明に2 年の大学渡されて実际によかったそして、成长した育つ、自身の梦に日刊新闻の私达がすべて次第に先に行ってもいかにが生命の悪い状态にすべてある

我的大学生活

天色刚亮, 就可以看到校园里有人在树阴中读外语了,那种专注的样子, 让行人都放轻了步子, 怕打扰了他们. 找个座位坐下来, 掏出课本, 一天的

大学生活拉开了序幕.

渐渐路上的行人多了,打破了校园的宁静, 快到上课的时间了, 和同学边聊着昨晚的球赛, 边走向教室. 课堂上很快就沉浸到老师精彩的讲课中去, 思绪跟着老师在飞扬, 年迈的教授脸上透着青春的光彩.

下午放学后的时光是最难忘的, 这是自己可以分配的时间了,可以去上网, 约会, 聚餐, 等等, 同时也是各种活动举办的时间, 从文体馆传来喝彩的声音, 足球场上一群学生在踢球, 还有几个小女生在喊着加油......

不知不觉度过了两年的大学生活了, 这两年中真的是酸甜苦辣都有. 不管怎么样,我们都在一天天的长大, 成熟, 一步一步向着自己的梦想前进着.

「私の友達」

私は積極的な性格ですから、友達がたくさんいます。しかし一番仲が良いのは你来我网さんという友だちです。彼女と初めて会ったのは、高校生になった時です。你来我网さんは私は反対に、女らしく優しくて、すなおです。私と同じ年ですが、いつも私の悩みを聞いてくれて、私には本当のお姉さんのような人です。私が寂しい時や困ってにる時は、いつでも力になってくれました。 你来我网さんは、今、ゲザイナーになって有名な洋服の会社につとめ、毎日いそがしいようです。私が日本へ来ているので会えませんが、暇があれば手紙を書き、電話も時時かけています。これからもずっと仲良くしていきたいと思ってにます。

季节

私の最も好きな季节は冬、冬が積まれている雪だるま雪合戦をして、それが年長の最后の1学期、わかった速い冬休みになって、) の雪は、あちこちが濃く、まるで一つのおとぎ話の、あの日の正午の昼食先生は私达に教室の外の大プラットフォーム見晴らしが積まれている雪だるま, 私たちは教室の外のプラットフォーム露天の、上は厚い雪、子どもたちのおかげで、今年跃立ち上がって、勇敢な冲ですが、前を始め、心は地上に積もった雪をゆっくりとへ押しとともに、横を、雪だるまのように積まれているから出てきましたが、ある子供は、げらげら笑って、雪だるまの頭は先生が手伝ってやっとできあがった子供たちの努力を通じて、、先生が手伝ってくれた私たちの? だった

私の最も好きな人だと発表した

私の最も好きな人は私の弟だ。弟がひとペアの大きくて明るい目、小翘鼻子、口に大きな耳をしている。

弟はおもちゃの鎧が一番好きです。普段、もし私たちを与えないで、彼はが出てきて泣く姿があって、人に騒いだ。彼が寝ている姿が可爱くて! 目を覚ますと、たびに寝ていれば放『鎧の勇士」をすれば、とても楽しかったですね。

弟もとても腕白です。时には彼は人を不注意を避けて布団のフリをして、猫が来なくても、手を日语小短文, 我々げらげら笑っておなかが痛いよ。时には彼倒れて、それにちがいない。私たちが彼に心配をかけ、そして彼はアハハハと、その拍子に心地が笑いたくなる。

弟が一緒だったが、私たちは常々でをつくります。

说起我最喜欢的体育运动那可有不少,如:乒乓球、足球、篮球、羽毛球…….可是,说起我最喜欢的体育运动,那可归羽毛球了。因为它能够锻炼人的反应力能力,瞄准能力和瞬间爆发能力,所以我最喜欢羽毛球这项运动。

一天,我和爸爸在羽毛球馆中练习,只见爸爸右手拿球,左手拿拍,猛地把羽毛球往上一抛,然后把拍子一抡,正好击中了羽毛球。只见羽毛球从从容容的,像一只小鸟向我飞来。我右手紧握球拍,马上一跳,跳到羽毛球前,猛地一挥拍,“啪”的一声球像一只离弦之箭又向爸爸飞去。可是,爸爸并没有紧张,轻缓的来了一个高吊球,那羽毛球竟然沿着一条几乎是笔直的线飞向我的上空!落下时又好像变成了几个球向我袭来。我急中生智,突然往旁边一闪,看到球落到和我肩膀一样高的时候来了一个横挥拍,又是“啪”的一声,球被我不偏不斜的击中了!只见球好像一匹会飞的脱缰野马向爸爸面部飞去,可是,爸爸一闪。我原来以为爸爸要回球,但是他没有回球,因为球出界了。

我爱羽毛球,它让人健康成长!22

推荐

私を言い出すの一番好きなスポーツ? それは少なくなく、等、卓球、サッカー、バスケットボール、バドミントンの„„といえば。しかし、私の最も好きなスポーツだとは、帰バドミントンをしました。それが人の反応力を锻える能力、照準能力と爆発力を持っているため、最も好きなのはバドミントン。

ある日、私はお父さんとバドミントン館に练习をひらいてみると、お父さんは右手にボールを、左手に撮ることに返事をバドミントンの方から胴上げを行ない、手拍子は一パソゴの、ちょうどに命中したバドミントンを始める。从从容容とバドミントンをしました、小鳥が私に成功。私は右手を握りしめラケットをしたが、すぐに跳び上がって、バドミントンの前に、被写体は我にとラリー、「とんという音と一緒に打球は一匹の汽車がまたお

父さんへ飛んで行きました。でも、お父さん?

我的学校

我在龙岗中心小学读书,那里是一个既美丽,有宽阔的地方。

走进大门,便可以看到两旁的花园。中间有一条弯弯曲曲的石子路,从石子路上走去,再看看两旁的花草树木,有木棉树、白杨树、柳树„„还有那争采夺丽的花儿们,美不胜收,让人看了无不陶醉。突然,从远处吹来一阵冷风,花儿们便翩翩起舞,好像在欢迎春天小朋友们的到来。

从花园走出来,就可以看到那大门口前的A 栋教学楼。A 栋教学楼不但高大,而且壮观。A 栋教学楼一共有五层,在房顶上,还有一面被鲜血染红了的五星红旗,高高地在空中飘扬着。早上,远远走去,便可以听见那学生们认真的朗读声。中午,学生们在教室里鸦雀无声的看书,就连一根绣花针落地的声音都听得见。

从A 栋教学楼走出去,就可以看见B 栋教学楼。B 栋教学楼也有一个小花坛,还有几

栋房子,五六年级的学生就在B 栋教学楼的房子里读书。B 栋教学楼还有一个小小的池塘。 从B 栋教学楼出去,就来到了小操场上。小操场里有一个篮球场和一个升国旗台。每

当星期一时,国旗便会高高升起。 篮球场是用来给学生们健身的,看那一个个“小姚明”。 我有着一个美丽的学校,你们来我的校园看看吧!

私の学校

私は龙岗中心小学校で本を読み、そこに1つはきれいだったが、昨年は広々としているところだ。

大門を入ると、を見つけた両側の花園だ。中央には一条曲がりくねった砂利、砂利道に歩いていくと、一転の両侧の木々とは、木棉树もやヤナギの„„まだその争い采夺麗の花に、まぶた手伝いを陶酔させます。突然、遠くから吹く冷たい風の花たちは、ひとしきり踊って、歓迎の春子供たちを心待ちにしている。

庭から出てきてみると、その玄関の前にあるa 棟棟だった。a タワー校舎だけでなく大きいくせに、壮観を演出している。a タワー棟だ。全部で五階建てで、屋根の上に、そして面血に染まっ? された