作文
初三 其它 1013字 111人浏览 百变沉醉

言葉の力

ヒトラーはそういった「歴史の発展を推進するの力はただ二つ。一つは宗教の力、もう一つは言葉の力。」でも、言葉の力はあるか?このテーマを聞くときに、そう思った。たとえば、「行ってきます」という言葉はただ動作を説明する。辞典によって、言葉というのは人の発する音声のまとまりで、その社会認めらめた意味を持っているもの。感情や思想が音声または文字のにっとて表現だれたものだ。つもり言葉の力は感情を与えられ、感情を伝える。外出の時、よく「行ってきます」を言って、家族も「行ってらっしゃい」を返事する。暖かい言葉があるので、温かい家庭になる。でも、同じ言葉を怒って使うなら、たぶん全然違い効果になる。では、言葉の力はなんだか?

そ試合の前に、友達はいつも「ガンバてね」という言葉をいう。それから、「元気でね」とか「体を大切にしてください」とか、「君は私にとって珍しい人だ」とか「良くできました」とか、そんな言葉はいつも人を励ます。本当に暖かい力だと思う。こんな物語がある。あるドイツの青年フアドスは舞台で「月光曲」を演奏した。でも緊張なので、いつか音符は間違えた。公演が終わる後で、彼は非常に不安に感じた。そのとき、ある有名な音楽のラアは舞台に上がって、フアドスに本心に「よくできました」を言った。その後アフドスは本当に音楽家になる。だから、よく言葉はいつも強い力を伝えできる。 「言葉はツールだ」そいう話はよく言われる。言葉を使って人間はコミュニケートすることができる。でも、そうなことは言葉の力ではないと思う。よく話し聞かせて相手に納得させるなら、言葉の力がある。つまり、言葉の説得力だと思う。その力は商品の販売するの時によく使われる。あの商品は本来に君にとって無用なものだが、販売員の紹介を聞いた後で、思わずに商品を買うことはたくさんある。それは説得力だ。いつも相手を説得するに足る、裏付けと話術だ。だから、話をよくする人はいつも意見リーダになる。弁論は言葉の力を使う芸術だ。相手の論点を反駁し、観衆を自分の思想を伝えたい。それは言葉を戦い、思想をぶつかりあう。

もちろん、言葉の力はほかの方面もあり、ほかの意見もある。これ以上はただ自分の考えだ。言葉は芸術だと思う。それはわたしたちには一生に勉強しなければならないことだ。でも、話すときに、どんな方法を使っても、まごころがこもっているのは一番大切なことだ。

ありがとうございます。